スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれミモーザ!

トビーアはよくミモーザの食べているものを奪います。
Spesso Tobia ruba quello che sta mangiando Mimosa.

弱肉強食のおきてと言うけれど…。
Si dice che la legge della giungla, il diritto del più forte...

やっぱり身体が大きいと強いというのは本当なのですねぇ。
Insomma, è vero che avere fisico grande significa avere la forza.

ganbaremimosa01.jpg


本音を言うとミモーザにも沢山食べて強く成長して欲しいというのが飼い主の願い。
Parlando francamente, il desiderio della padrona è che anche Mimosa mangi tanto e cresca forte.

トビーアに隠れてミモーザにキャベツの葉をやってみましたが…。
Ho provato a dare una foglia di cavolo a Mimosa nascondendo da Tobia.

ganbaremimosa.jpg

トビーアは素早くやってきました!
Tobia e' arrivato velocemente.

ganbaremimosa02.jpg

ミモーザ!トビーアも食べている間にさっさと食べなさい!
Mimosa! Mangia presto mentre anche Tobia sta mangiando!

がんばれミモーザ!
Coraggio Mimosa!

今日も遊びに来て頂きありがとうございます。
Grazie per la visita anche oggi.
にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

テーマ : うさぎ - ジャンル : ペット

コメント

No title

あらあら、ミモーザちゃんガンバレっv-91
やっぱり男の子は強いですねぇ。

わたしが以前飼っていたウサギも男の子だったのですが、偏食さんで、
ラビットフードは決まったものだけ、野菜も好きなものしか食べませんでしたv-16
与えてはいけない野菜もありますが、小さな頃からいろんなものを少しずつあげるといいんでしょうね~

No title

ミモーザちゃんとトビーアくんは、ottoさんが一緒に買って来たんですか?
それとも、トビーアくんが先にきよこさんのお宅にやって来たのでしょうか?
わが家は、ゆきが最初で、りんが後でした。体の大きさは、ゆきが1.5キロに対して、りんは2キロ。でも、ゆきはりんの牧草を取ろうとして、りんとの激しい攻防が始まります。
トビーアくんとミモーザちゃんの場合は、身体の大きさだけが問題なんでしょうか?

>だいちママさん

うさぎにも食べ物の好き嫌いがあるんですねぇ。
はい、子どもの頃からいろいろ食べさせるといいかと思って、食べ物の研究中なんです。

男の子はやっぱり強いのでしょうか?
ミモーザにも頑張って欲しいところです。

>なおちゃんさんへ

トビーアはオットのうさぎでミモーザは私のうさぎなんです。
同じペットショップの同じ囲いの中に居たうさぎを一緒に連れて帰って来ました。
トビーアがミモーザの食べているものを奪うのは、ミモーザの食べ方が遅いからというのもあるかもしれません。それとも、トビーアは男の子なので、ボスなのでしょうか?!

No title

ミニウサギは、生後3~4か月で性ホルモンが分泌され始め、性別がわかるといいます。ゆきくんは、女の子と思って名付けましたが、「男の子」でした。りんは、ペット・ショップで「メス」と書かれていましたが、店員さんに聞くと、間違いはあるもので、「実はオスだった」という場合もあり得るということでした。
りんは、ゆきより遅くわが家に迎えましたが、最初は嫉妬で威嚇していたゆきも、りんが生後3~4月になる頃から、急に優しくなり、態度がころっと変わりました。獣医さんに診せなくても、りんは女の子だとわかりましたよ。
トビーアくんは、ミモーザちゃんと歳が近いから、まだラブ・コールをしないだけで、あと数か月したら、態度がころっと変わるかもしれませんよ。

No title

トビーアくんとミモーザちゃんは好き嫌いがないんでしょうか?
うちのすみれはあまり好き嫌いがありません。
ミモーザちゃん頑張れ~!!
最後の写真で一生懸命食べているミモーザちゃんが可愛かったですi-176

No title

きよこさん、何度もごめんなさい。
これは、とてもデリケートなことなんですが・・・。
きよこさんとご主人は、ミモーザちゃんとトビーアくんとの間に、赤ちゃんを望んでいますか?もしも、2うささんの自己紹介のように、オスとメスだったら、ほぼ100%の確率で、赤ちゃんができます。
赤ちゃんを望んでいないんだったら、ミモーザちゃんとトビーアくんに、避妊・去勢手術をさせるべきでしょう。
日本では、避妊・去勢手術をした方が長生きすると言われています。
でも、イタリアはけいけんなカトリックの国です。赤ちゃんを産ませないために手術をするのをご主人がいやがるかもしれません。
気を悪くしたら、ごめんなさい >_<

>なおちゃんさんへ

コメント&アドヴァイスありがとうございます。
ミモーザとトビーアはしぐさや態度からもオスかメスかが分かります。
まだ、子どもなので性格が完全に出来上がっていないのかもしれませんね。

主人も私もミモーザとトビーアに一度は子どもを産んで欲しいと思っています。 ただ、まだうさぎ達にも早いかもしれないし、私達も子うさぎの世話のことが分からないので、もう少し先にしたいと考え中です。
だから、そろそろ離して飼う時期かと思っています。
今月は初獣医さんなので、獣医さんとも話してみます。
イタリアでも避妊、去勢手術は行われているようです。
なおちゃんさんのおっしゃる通り、主人に手術の話をしたらちょっとびっくりしていましたが…。

>れもんさんへ

食べ物の好き嫌いというか、好みの野菜等はあるようです。
キャベツはどちらも喜んで食べますが、セロリやローズマリーはトビーアだけがもぐもぐと食べてくれました。
ミモーザは食が細いのか、ちょっと味見して、あとは牧草かペレットの方を選んで食べています。
すみれちゃんは好き嫌いがなくてえらいですね!
ほんと、ミモーザにもっと頑張って食べて欲しいんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。