スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎを迎えるまでのいきさつ

動物好きな私達、特に私は犬が好きで犬に癒されたく、本当は犬が欲しかったのですが、マンション暮らしだということと、お互いに忙しくて家にいる時間が少ない時期もあること等を理由に諦めていました。
住んでいるマンションはペット禁止ではありませんが、お隣さんの奥さんはちょっと変わった人で、ちゃんと挨拶が出来る様になるまで、引っ越してから2年ぐらい掛かったので、ここで犬を飼ったりなんてしたら、また感じが悪くなるかも…という事情もあったのです。

周囲に猫を勧められましたが、猫は私が猫アレルギーなので、断念…。
そんなある日、地域の情報紙のペットコーナーを見ていたら「白い子うさぎ差し上げます。」の記事が!
早速電話してみると「白いうさぎは皆あげてしまいましたが、黒いうさぎとグレーのうさぎは30ユーロで販売します。」とのこと。
とりあえず「主人と相談してから、また連絡します。」と電話を切ってみたが、何故白いうさぎはタダで他のうさぎは有料なのか? うさぎにはどんな種類があるのか? といろいろ疑問が湧いて来て、うさぎについていろいろ調べ始めました。
曲がった事の嫌いなオットはやはり「タダって書いておいて、売りつけるなんてダメだ。」と、お金を払うのはいいがそんな記事を書いた人から買いたくないと、知り合いに電話をしてどこでうさぎが手に入るか探し出した。

知り合いの動物好きな人が「両親の家に子うさぎが生まれたから、もらって~」と言われたが、庭で放し飼いの為、なかなか捕まらずにそのまま数日が過ぎた…。
そして、その子うさぎは野犬にやられてしまったという報告があり、見た事もないうさぎだったが既に愛着が湧いていたのでかなりショックを受けました。
その後、別の子うさぎは猫の餌食になってしまうという事件もあり、なかなかうさぎがやってきませんでした。

先日、うさぎ用品はどれぐらいの値段かと探索に行ったペットショップで、子うさぎに一目惚れして、家につれて帰って来ることになりました。

これが、うさぎがやってきた由来です。

primogiorno



写真はうさぎがやって来た一日目の様子。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。